地方創生は地域の活性化から

地方創生と言う言葉を新聞で目にする機会が増えています。

地方自治体の活性化を意味するようですが、具体的にはどのようなことが行われているのでしょう。

私の身近では、お得なお買い物チケットが発行されたり、結婚に結びつける支援が行なわれたりしているようです。

地元新聞で知りましたが、数年前から駅前活性化活動をしている住民ワークショップの方々が、駅前活性化計画の提言を市長に対して行ったそうです。

このワークショップは、住民に呼びかけてアンケートに答えてもらい、この結果を踏まえた上で、駅前活性化の提言をしたそうです。

このように住民の声を取り入れて、自治体が整備事業を行うことも地方創生に繋がっているのではないでしょうか。

もう1つは、若者のアイデアを発表する場の提供です。

駅の東西連絡通路を使用したマルシェが臨時開催されたそうで、県内外からたくさんのお客さんが集まりました。

その中には、地元若手作家の作品が展示販売されていました。

伝統技術を用いて製作された陶器などの焼き物やワインもあったようです。

若者に発表の場を与えることで、若手のやる気を盛り上げ、地域活性化から地方創生に繋がると思います。

地方から日本を盛り上げて行く事が重要な時代なのですね。